事業内容等

公益事業2

調査・研究助成事業

(1)腎不全の発生予防及び調査研究事業

ア 腎不全治療に関する調査研究

 1(1)のとおり、透析医療施設からの届出に基づき、患者動向の実態の把握に努めているが、それらの結果や暦年比較等を行い、冊子にして各医療機関や行政に提供することにより、腎不全予防及び治療に生かしている。

 さらに、県内の移植医療機関を対象に、生体腎移植も含めた腎移植後の予後調査を実施して、移植医療の理解と向上に役立てている。

(ホームページ:腎不全患者の現状

イ 透析療法審査会開催等の支援

 愛知県透析医会と協力し、透析医療について導入時の審査を行い、患者治療の透析医療の適正化を図っている

(2)慢性腎臓病(CKD)対策事業

 慢性腎臓病対策を推進するため、慢性腎臓病(CKD)対策協議会を設置・開催するとともに、協議会に4つの専門部会を設けている。

 専門部会においては、腎臓病に関する講習会の開催や市民講座等への講師の派遣を積極的に行っている。あいち県民健康祭や世界腎臓デーにあわせたイベント等において、慢性腎臓病対策のチラシの配布など一般への周知と理解に努めている。

 そのほか、「愛知県腎臓病学校検診マニュアル」を作成し、その活用を働きかけている。

(ホームページ:愛知県腎臓病学校検診マニュアル

(3)研究助成事業

 県内の医療機関や大学の研究グループが行う、腎不全の研究等に対して助成を行っている。助成研究結果については、研究発表会を開催し研究結果報告書を作成している。

(ホームページ:研究助成一覧

top