いのちの教育

いのちの教育 講師を派遣いたします

 愛知腎臓財団では、臓器提供の意思表示の大切さなどを普及啓発する一環として、臓器移植を題材に「いのちの教育」を実施しています。ご関心がある方は、お気軽にご連絡ください。

こちらからお問い合わせください

お問い合わせフォーム

いのちの教育 概要

目的:
臓器移植を題材として、いのちの大切さや考え方の多様性を考える。
内容:
臓器移植の現状、臓器提供の意思表示の方法、臓器を提供した家族・臓器移植を受けた患者や家族の気持ち等についてお話しします。また、ご希望に応じてアニメーションや移植を受けた方のビデオレターなどをご覧いただきます。
時間:
45分~60分程度(応相談)
対象:
愛知県内の高等学校・専門学校等の学生及び団体(10人以上)
講師:
愛知県臓器移植コーディネーター
費用:
講師料(交通費含む)不要
※会場及び機材(プロジェクター・スクリーン・マイク等)は、ご用意ください。
その他:
内容や時間など、ご希望がございましたらお気軽にご相談ください。
グリーンリボンキャンペーンの天使ハーティ
グリーンリボンキャンペーンの天使ハーティ
<過去の実績>
高等学校 専門学校 その他団体 合計
平成30年度 7校 1,915名 8校 476名 1校 140名 16 2,531名
平成31年度 5校 726名 8校 438名 0 0 13 1,164名
令和2年度 3校 499名 3校 157名 1団体 40名 696名
中部大学 生命健康科学部
臨床工学科での授業風景
2021年6月23日

講義を終えて ~皆様からの感想 一部抜粋~

 生きることの大切さ、臓器移植について知ることができ、今生きていることの感謝をすることができた。
 これからも生きていることを大切にし、命について考えていきたい。
 臓器移植は身近ではないイメージがあったが、話を聞いて、いつ自分や家族に訪れてもおかしくないと感じた。
 家族と死について、この機会に話し合ってみようと思った。
 移植医療について深く考えたことはなかったが、実際に話を聞いて、どこかで誰かが移植を行っていること、私がいつ移植医療に関わるのかわからないことを知り、もっと考えていこうと思った。
 もし自分の親が臓器提供の意思表示をしていたとしても、親が亡くなった時に、親の臓器をあげたいとはあまり思えない。
 この機会に家族と臓器提供について、話し合えたらいいと思った。
 他の人の命をいただくということは、とても重みを感じた。この先の人生、すごく有意義なものになると思った。
 自分が脳死になった場合、臓器の提供はしたいと思うが、眼だけはまだ死んでもいろんな景色を見たいので残したい。
 現実味がなくて言葉だけを耳にしていただけだったけど、改めて命の大切さや臓器提供の細かい部分を知れて良かったと思いました。
 自分が当たり前のように過ごしている間に、いろいろな思いを抱えた人がいることをよく考えて毎日大切に過ごすべきだと感じました。

top